• 貴方の話しを聞かせてください

    みなさま
    こんにちは

     

    今日公認心理師の登録証が届きました。

    パープル!好きな色で気持ちも上がります♪

     

    そもそもなんで公認心理師の資格を取ったか

    癒しの仕事をしていく中で、「心理の勉強がしたい!」「心理の資格が欲しい」

    と何年も思っていました。

    でも大学に行く時間も取れず、これと言って取りたい資格も見当たらずに

    ぼんやり忘れていた頃に息子の突然の告白。

    「オレは俳優になる!」←確か息子が中学3年生の秋くらい。

     

    え!?は??

    そんな海賊王になるみたいなテンションで言われても…

    ちょっと前までは「オレは高校の英語の先生になる!」って言ってたじゃん。

     

     

    そんな私の疑問をよそに、あっという間に俳優の事務所のオーデションに受かり、

    あれよあれよと俳優の道を突き進み始めた息子。えらい行動力じゃん。

    ある日息子が「オレは俳優になる!」って決めるきっかけになった映画を観せてくれたんだけど、

    内容があまりにも耐え難く…。(とても綺麗な映像でとても有名な映画なんですが、内容が…辛い)

     

    これ、演じている役者さんは心を病んだりしないわけ?って思ったんです。

    そう思うと、つい親心で「うちの息子が演じたら…」「もし病んでしまったら…」

    「でも子供の夢は応援したいし」、うおおおお!どうすれば!?!?と不安がグルグル。

     

     

    そんな時に、ハッと海外の映画で出てくる「カウンセリング」シーンを思い出し、

    海外の俳優さんは辛い役をやった時はカウンセラーがつくというのも思い出し、

    なんならぼんやり思っていた自分の夢も思い出し…。

     

     

    そして、ご縁は回ってくるもので。

    ある人に心理の国家資格があるよ、って教えてもらって猛烈に頑張りました(自分調べ)

    お陰さまで習得することが出来ました!

    こんな風にずっと前から思っていた事が実現するなんて思いもしなかったので

    人生って不思議だなって思っています。

    とりあえず、息子よありがとう!

     

    私が目指すカウンセリングルームは

     

    来やすい

    話しやすい

    居心地が良い

     

    こと。

    いつでも開いてて、誰でも入れるような教会のイメージです。

    カウンセリングってまだまだ病院的なイメージが強いかなって思うけど、

    誰でも気軽に来られるような空間を提供出来たら良いなって思っています♪

     

    最後まで読んでいただいてありがとうございました。

    全てに愛と感謝を込めて

     

    SUWAMI


    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。